会社概要
女性活躍推進行動計画

  1. HOME
  2. 会社概要
  3. 女性活躍推進行動計画

会社概要

女性活躍推進行動計画

シナネングループでは、女性のキャリア形成支援の促進や育児支援策の充実、女性マネジメント職の登用拡大のための環境づくりに取り組んでまいります。また、女性活躍推進法に基づき、「採用」「定着」「登用」の三段階において各施策を実施し、多様な働き方の実現を図ります。
女性活躍推進行動計画

実施期間

2016年4月~2025年3月末

1.採用

目標 「採用に占める女性の割合」「労働者に占める女性の割合」を2025年までに40%まで引き上げる。
現在、採用に占める女性の割合は21.4%(2014年度)、労働者に占める女性の割合は18.8%※1(2015年10月1日)となっている。2003年以降、女性の採用拡大を行い女性比率は高まりつつあるが、今後も継続的な採用活動を実施する。
具体的な施策
  • 採用広報ツールを通じての女性社員の紹介
  • 採用応募者に対して、当グループで活躍する女性社員の働き方や仕事内容、ライフワークなどをリアルに聞ける座談会の設定。

2.定着

目標 男女の平均勤続年数の差異※2は102.4%となっており、継続的な就業は既に実現している。
今後は、更に働きやすい職場作りを実現していくために、「有給休暇取得率50%以上」、女性の「育児休業取得率100%」を定着させる。現在、当グループにおける有給休暇取得率は28.1%(2014年度)、女性の育児休業取得率は92.9%(2012年4月~2015年3月)である。
具体的な施策
  • 有給休暇の計画的取得を推進するため、就業規則に明記し、期初に行われる目標面談において年間の取得計画を立て、人事総務部において有給休暇の取得状況を管理する。また、取得達成率はマネジメント職の評価に紐付け、全社員におけるワークライフバランスの風土を醸成する。
  • ライフイベント時であっても女性社員の継続雇用を促すため、出産一時金の100%支給や育児短時間勤務の延長を小学校入学まで可能にする。

3.登用

目標 2025年までに女性マネジメント職の割合を20%まで引き上げる。
当グループにおける女性マネジメント職の割合は0.96%(2015年10月現在)である。2003年以降よりマネジメント職を目指す女性の採用(総合職)を行っているが、マネジメントを担うまでには一定の育成期間が必要である。また、これまで一般職としてキャリアを積んできた女性社員の職域を拡大することも目指す。
具体的な施策
  • 一定の年次ごとに自身のキャリアを考えるキャリア研修や面談を実施する(入社3年目、ライフイベント時、復帰後等)。
  • これまで一般職として業務を担ってきた女性社員をエリア総合職とし、職務の拡大を図る(2016年4月より)。
    また、制度変更によりエリアマネジメント職となる女性社員とその上長に対して、教育研修を実施する。

4.その他

上記の施策以外にも、社員の声を元にダイバーシティ推進のための取組みを進めて参ります。
<補足>

※1 本行動計画における数値は、以下シナネングループ9社の正社員、非正規社員1,406名を対象として算出。(2015年10月1日時点)。
シナネンホールディングス(株)/シナネン(株)/日高都市ガス(株)/ミライフ(株)/ミライフ東日本(株)/ミライフ西日本(株)/(株)シナネンゼオミック/品川開発(株)/シナネンサイクル(株)/
(株)ミノス
(重量物を扱うため女性の就業制限のある、LPG配送会社、住宅施工会社、メンテナンス会社を除いて算出)

※2 男女の平均勤続年数の差異 = 女性の平均勤続年数 ÷ 男性の平均勤続年数 × 100